資産を増やしたいサラリーマンや学生に向けて、株主優待をとって生活費を賄っている個人投資家兼サラリーマン兼学生兼社長の端くれのゆーじが、逆日歩の回避方法や逆日歩予想などの優待の取り方や、お金をうまく使って生活する方法などについて解説します。

ゆーじの株主優待生活と米国株とお金の使い方のブログ

株主優待生活評論と優待生活とお金のいい使い方

家計簿警察24時 家計簿は赤字か?

家計簿警察24時

 

f:id:thana1:20180614230237j:plain

家計は赤字ですか?黒字ですか?

そもそも管理してないからわからないという人が結構多くいられますよね。

家計簿に日々の生活の無駄な浪費の部分は如実に現れます。

企業は決算によって方向性を確かめて利益が出ているか損失が出ているか確かめますよね。それと同じことを家計でもするのが家計簿です。

企業ほど難しことは考える必要はありませんが、何にいくら使ったかくらいは管理しましょう。レシートをまとめてエクセルに打つでもノートに書くでもいいです。

 よくわかる家計簿での改めるべきポイントトップ3をご紹介しましょう。

 

三位 小さい金額の出費をまとめて計上。(分類が雑)

小さい金額をまとめて実態が見えない家計簿があります。たとえばイオンで買った食料品の食品とセブンイレブンで寄り道して買ったお菓子は同じように食費でも意味合いが異なりますよね。どっちが無駄で、どっちが削りやすいかはわかりやすいですよね。あとあとで反省ができるような分類が必要です。

  

二位 見通しを立てていない家計簿。

 月の予算をたてていないといくら使っていいのかわからなくなりますよね。ついついものを買ってしまったり、この前節約したからと何回も無駄遣いをしてしまうかもしれません。月別の予算くらいは立てておくといいでしょう。

 

一位 家計簿にのらない無駄な出費がある。

実はクレジットで払っているがクレジットを把握していないなど家計簿をつけている意味がそもそもない。家計簿がそもそも赤字かどうかがわからなくなってしまっているタイプです。最も深刻です。家計の状況が全く不明というどうしようもない状況です。早急に対策を打ちましょう。クレジットカードなどの支払いが多く、明細を見ていない人が多くいるのでせめて明細を印刷して家計簿と同じように管理しましょう。

 

まとめ

家計簿をつけていると現状の家計の様子がよくわかるので、無駄な出費を抑えることができます。家のローンや子供の教育費など大きな資金がまとまっていることは多いので小さい無駄な出費を抑えることで資金をねん出できるようにできるといいですね。

 

質問受け付けています。

家計簿の状況や分析方法について疑問があればコメントで頂きます。簿記的、会計的なお答えをいたします。