資産を増やしたいサラリーマンや学生に向けて、株主優待をとって生活費を賄っている個人投資家兼サラリーマン兼学生兼社長の端くれのゆーじが、逆日歩の回避方法や逆日歩予想などの優待の取り方や、お金をうまく使って生活する方法などについて解説します。

ゆーじの株主優待生活と米国株とお金の使い方のブログ

株主優待生活評論と優待生活とお金のいい使い方

お金に逃げられない使い方について簿記を使って考えてみる

 

お金に逃げられないお金の使い方について考えよう

お金がないという人が日本全国で増えているという統計資料などもありますが、お金がない、たまらないという人は、収入が少ないという場合が多いですが、一方で使い方がよくないという人も多いです。 使い方の悪いお金の使い方をしていると、お金に逃げられてしまいますよ。 

お金の使い方を簿記的に、考えてみよう

簿記という現金の記載方法があります。 会社の経理などに関係しているか、就職活動をしているときに簿記を勉強したかもしれませんね。 商学部や経済学部だとご存知かもしれませんが、そんな簿記からお金の使い方を考えてみたいと思います。 簿記といっても、複式簿記単式簿記がありますが、複式簿記を前提に話します。 複式簿記は、借り方と貸し方、右側と左側がつりあうように書く記載方法です。 常に右側と左側で釣り合いが取れるように記載していきます。 これで、考えると現金を払うときは右側(貸方)に記載します。 現金が出て行って、自分の現金が減ったので、右側の貸し方に記載します。

 

そして、つりあうように記載するので、左側にも何かを書きます。 その何かは、食事をしたなら食費(費用)だし、パソコンを買ったなら、備品(資産)などというものになります。 ここで注目したいのは、費用と資産のどちらも左側に書くことができるという点です。 右側に現金が入っていたら左側には費用か資産が計上されます。 そう、いつもやってしまう自分への投資というものは資産だと思い込むようにして費用感情を認識しているのです。 会計を勉強していないのに、よくやりますね。 さて、費用科目を現金と交換したのか、それとも資産科目を現金と交換したのかで大きく違ってきます。 何が違うかというと、損益計算書貸借対照表への転記が違うとかっていう話と同じですが、わからなかったら飛ばしてかまわないです。 費用科目なら損益計算書に入って冬季の利益、損失を計算するときに処理されて終わりです。

 

一方の、資産科目ならば貸借対照表に記載されて、しばらくは資産として計上され続けるという大きな違いが発生します。 簿記がとても示唆的なことを行っていると気がついていますよね。 現金の使い方は二つあって、生きてこれから自分に帰ってきて貢献してくれるような現金の使い方と、使ったら一瞬で終わって、消えて帰ってこないものがあるということを示唆していることがわかります。 ただの、費用科目で終わるようなものは死んだお金の使い方です。 そして資産が増えるようにするのが生きたお金の使い方です。 費用ばかりを使うような金食い虫と呼ばれるのは、現金で何も生み出さしていないからです。 簿記を使っても面白い世界が少し見えますね。 

生きたお金の使い方

出回っている生きたお金の使い方について、列挙してみたいと思います。 人とのつながりを高めるために、使うお金はお互いの支えあえになる可能性があるから生きたお金の使い方だといえるらしいです。 確かに、そうでしょう。 簿記的に仕分けをしますと、社会資本を現金で蓄積していると考えることができます。 借方は社会資本、貸方は現金です。 いい投資になることを願います。 手間、体験、時間という価値に変換して使うと生きたお金だとありますが、これは意思決定会計ですね。 選択肢を互いに選ぶときには収益・コストにより考えます。 時間軸で違う話を違うなら時間軸が同じになるように金利や手間やコストを考慮して考えます。 差額原価などの考え方を使います。 差額原価とは、選択肢Aと選択肢Bの間で変わらないものは埋没原価です。 彼女とデートしようと映画のチケットを撮ったのに、水族館に行きたいと言い出したときを例にとります。 映画のチケットをすでに買ったのでこれは埋没原価といい、映画館か水族館かで考えるときに考慮には入りません。 どちらの選択肢を選ぼうともすでに費用は払っているので何も変わりません。 次に、映画に言った場合には、映画のチケットはすでに甲奴湯しているため追加のコストはかかりません。 一方、水族館に行ったときには追加の水族館への入場チケットが必要になるので、水族館へのチケット代がかかります。 このとき、水族館へ行くことのコストのほうが高いと直感で思っているでしょうが、水族館へ支払うチケット代は差額原価です。 これらを意識していると、会計的に合理的です。 確かに、差額原価が低い選択肢を選びたくなるのはわかりますし合理的ですが、時に合理的過ぎると振られます。 家賃を投資と考えると主張する人が一部にいますが、意味不明です。 家賃は賃であって、家を借りているリース料、費用項目だとでも考えたほうが正しいと思います。

 

リースにはいろいろなリースがあります。 オペレーショングリースやファイナンシャルリースなどがあり、ます。 ファイナンスリースの一部取引では所有権移転があったりするので、リース料を支払っていると自分のものにある日、なるというものもあります。 ただ、家賃は間違いなく、オペレーショングリース取引という、ただリース料を支払って、使いたいもの、ここでは家を借りているだけですので、投資とは考えら得ません。 というよりも、回収できない投資はありえません。 ただ、連れ込みようの家として済んでいて、回収ができる場合なんかもあるので一概には言えませんね。 お金を無駄に使ったという話題を手に入れるとか、経験を金で買うとかいろいろとあって、学生に変なことを教える大人がいますが、別に好きにしてください。

 

会計は主観で何とかなる場合が多いので、したかったらすればいいと思いますが、ただ、間違いなく、全部費用です。 話題という資産を計上をしてもかまいませんが、いったいどこで回収のめどがあるのかを明らかにしてから投資してください。 本や資格よりも「考える力」に投資することを推奨している人がいます。 人生好きにしてくださいと思いますが、アウトップが大事だというのはインプットが終わっている日にのみ当てはまるし、現在の時点でお金がなくて事業を起こす立場にないなら、おとなしく本を読んだり、資格を身につけたりしましょう。 王道が一番です。 食べ物にお金を使うことを推奨しているものもありますが、食費は、文字通り、食の費用です。 費用感情であることはまちがいないのですが、変なものばかりを食べて体を壊すと負債が摘みあがるので、負債がつみあがらないようにするための保険料支払い的な感覚が簿記的には正しいと思います。

 

お金の支払いを早くすることを推奨しているものは、珍しく会計的に大賛成です。 これは金利概念で説明できます。 日本では金利は低くて意識しない人が多いですが、借りるときの金利は高いので、借金のある人やリボ払いをしている人にはわかると思います。 リボ払いなどで支払いを後にすると、この低金利真っ只中の日本でさえ、かなりの利息をとられます。 現金一括、即刻支払いが会計的には大正解です。 毎日使うものは質を重視して、安物買いの銭失いにならないように使うことも会計的に賛成です。 毎日使うものは、費用ではなく資産です。 資産項目が高いものは、費用とは異なり自分に帰ってきます。 ただ、何円使うのか、何日使うのか、それは自分の収入とあっているのか、収入の何パーセントかなどを考えて毎日に分配してから買うか決めましょう。 毎日、毎月などに資産購入の費用を分配する考え方を減価償却といいます。 減価償却をした上で高いか安いかを決めて購入の意思決定を行いますよう。 値段で迷ったら高いほうを選ぶというのはたまに、映画でも見たような気がします。 これは微妙です。 もっと勉強して商品の優劣が見分けられるようになってから買いましょう。 会計的に動向という話ではないようなのでその程度で抑えます。 実家ぐらいをやめて一人暮らしになると経済感覚が身につくからよいといいますが、実際のところ会計についても知らず、会計的センスをまったく持っていないのに自立すると単純に破綻しますのでやめましょう。 

まとめ

お金の使い方について、会計を使って説明をしてきました。 会計の面白さが伝わればいいかなと思います。 会計で大体が説明できるし、お金を大事に使いたかったら会計について勉強をすることは一番のお金をためるための近道といえるでしょう。 会計のセンスがあるなら別に勉強する必要はないかもしれません。 お金を使うときには、資産と費用のどちらに入るのか、意識している人は費用項目を自分への投資だとか言います。 費用と資産のどちらかを意識して使うようにしましょう。 お金関係で迷ったら会計にすこし聞いてみると大体の答えを出してくれる頼もしいやつとだけ覚えておいてください。