資産を増やしたいサラリーマンや学生に向けて、株主優待をとって生活費を賄っている個人投資家兼サラリーマン兼学生兼社長の端くれのゆーじが、逆日歩の回避方法や逆日歩予想などの優待の取り方や、お金をうまく使って生活する方法などについて解説します。

ゆーじの株主優待生活と米国株とお金の使い方のブログ

株主優待生活評論と優待生活とお金のいい使い方

日銀の家計における金融資産の30兆円減額で投資離れの真実が明らかに

日銀が公表している値を大幅に下方修正をしました。

 

30兆円のマイナス。。。。

貯蓄から投資への流れが全くス進んでいないどころかマイナスになってしまっている現実をたたきつけられたわけです。

 

でも、なんで日本では投資離れがおこっているのでしょうか。

考えれば不思議なんですが、投資というものをまともに教育を受ける機会が日本にないからでしょう。そもれもそのはずで、お金を「消費」に回してもらわないと経済が基本的には回らないからです。そしt、日本は衰退していく国であるのは人口的に間違いのない事実です。

 

人口の減少していく日本では、お金を貯めて投資したところで、投資利回りが期待できるようなものがあまりありません。そして、期待値が高いものを求めるばかり、高リスクというか投資ですらないものに多くの人が手を出し、そして失敗します。そうして、投資は危険との概念を風潮します。

 

金融機関でも、自分たちのノルマのために適当な投信を売りまくっています。銀行の窓口で販売されているような保険や投信は、彼らの収入になりますよね。そういうのを考えれば何もわからない人や初心者は頼ってしまって痛い目を見ます。

この業界ではお金を出して買う人と販売する人での利益相反があるのに入り口が難しすぎるんです。

 

まあ、若い人で彼女でもいる人は投資なんかに興味持つより、デートでもしていたほうがいいと思います。