株主優待をとって生活費を賄っている個人投資家のゆーじが、逆日歩予想や、お金の話などします。

ゆーじの株主優待生活と米国株とお金の使い方のブログ

株主優待生活評論と優待生活とお金のいい使い方

インサイダーがばれる理由ランキングが割と人間感が全開で面白い件 自分から言っちゃうタイプのばれ方は珍しい

インサイダー取引はいけませんって会社で早い段階で学びますよね。

 

それでね、それをやってしまうものですね、人間なんて弱いものですから。

たまにお金儲かったりするわけですよ。

president.jp

 

▼インサイダーがバレる「3つの穴」
(1)回数を重ねるうち、やり方が雑になる

・取引金額が大きくなって目立つ
・取引に時間差をつけなくなる
・他人名義・休眠会社名→自分の名義で取引するようになる
・海外を経由させず国内の口座で取引するようになる
(2)密告される
・裏切りやその報復など仲間割れ
・女性の裏切り(名義を借りた愛人、飲み屋の女性、妻)(ほかに愛人ができた、守る価値がないetc)
(3)怪しい複数銘柄の共通項から絞り込める
TOB、M&A等は情報を持つ人が限られるため(主幹事、弁護士、監査法人、ファイナンシャルアドバイザーetc)

 

SEOがちゃんと探して、こんなかっこいいことやっているかってやってるっちゃまあそうなんですけど、そうじゃないのも否めないんですよね。

 

というより、実際の件数は密告が多いです。

職場のあいつがなんか妙に羽振りがいいけどなんでだろうとかいう嫉妬。

あとは特殊関係人ですね。特殊関係人って要は、オンナです。割と不倫相手のことです。

情事をもっている女性には普通に話しちゃうものなんですね。

それを握られているのに、別れようとして密告されたりと頭の悪い男が多いわけですね。

 

それでね、今日は面白いものをひろいました。

f:id:thana1:20181018233252p:plain

 

そう、自分から言っちゃうタイプ。

バカッターとかいわれていたのを思い出しました。

インサイダー取引のばれる理由の一つに自分から言っちゃうというのもありまして、これが嫉妬の原因に火をつけて密告されたりするんですよね。

 

なんというか、頭が悪すぎてどうしようもない人が多いんですね。

切ないですが。