株主優待をとって生活費を賄っている個人投資家のゆーじが、逆日歩予想や、お金の話などします。

ゆーじの株主優待生活と米国株とお金の使い方のブログ

株主優待生活評論と優待生活とお金のいい使い方

2928RAIZAP(ライザップ)の短信決算が悪いのは昨年度有価証券報告書から予想できた理由ー決算の読み方ー

ライザップの決算がさらに悪くなり、社長が報酬を返還という話やいろいろな話がでてきました。

ãrizapãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そして、社長はそのままですが実質的なかじ取りをプロ経営者の松本さんが勤めることになってしまいそうです。

kabumatome.doorblog.jp

最近の株価推移RIZAPグループ(株)【2928】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

ãã£ã¼ãç»å

 

 

今回の第二四半期決算

ライザップの第二四半期決算が発表されましたが、まあかなり悪くなってしまいましたね。明日からの動きが怖くてどうしようもないという人もいるかもしれませんね。

f:id:thana1:20181114205514p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2928/tdnet/1649909/00.pdf

 

 

この動きはある程度予想できるだけの材料というか兆候がありました。

 

兆候

それは、ライザップ(2928)の2018年3月期決算の値です。

f:id:thana1:20181114205426p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2928/tdnet/1588494/00.pdf

 

決算資料の読み方ですが、超基本ですが、変化が大きいものを見ます。

 

そう、何に気が付きましたか?

 

このなかで一番の変化をしているものはなんでしょう?

 

買収攻勢を仕掛けて、のれんがふえたり、有形固定資産が増えているのは、納得感があります。

 

でも、もっと大きく増えているものがあります。それは、棚卸資産です。

 

棚卸資産の増加は、会社のキャッシュが詰まっている状況を示します。

キャッシュフロー計算書を見ればわかります)

 

前年度は13,173816千円→35,179,263千円と167%の増加です。

実は一番伸びています。

 

この増加はヤバいんです。だって、棚卸資産が増えるということはモノが売れていないということを兆候として示しています。

 

売れるからイイんだ!とか社長が言っていたかと思いますが、そういう話でもありません。だって、会社のキャッシュが棚卸資産の在庫でお金の資金詰まりを起こしてしまうんですから。

 

でも、これだけだと売るだけの十分な理由にはなりません。

売ったとしても決算が実際に悪くなるまでには時間がかかりますから。

 

 

まとめ

ライザップの決算が悪くなる予兆が出ていたのは決算資料を読めばわかったというのはわかりましたか。

棚卸資産の増加は基本的にいいことではありません。

教科書的にもかなり早い段階で習うことです。

でも、売るだけの理由になるかというと微妙だったかもしれませんね。

 

ではでは次をご期待してください

f:id:thana1:20181114215216p:plain